RaspberryPi でAndroid Thingsの始め方

GoogleからIoTプラフォーム向けのOS「Android Things」が2016年12月にディベロッパー向けに発表されました。現在はディベロッパーエディションという位置付けなので、いわゆるお試し版というところでしょうか。
Googleが以前に発表したBrilloを中心にして、Android Studio、Android SDK、Google Playのサービス、Googleクラウドなどが統合された形になっています。
ちなみにAndroid Thingsがサポートされているのは現在は、3つのハードウエアとなっています。これら3つのハードウエアについてはOSのアップデートとセキュリティー・パッチの配布に必要なインフラも近く整備される予定となっているようです。

・Intel Edison
・NXP Pico
・Raspberry Pi 3

RaspberryPiにインストールしてAndroid Thingsが起動するまでの流れまでです。

“RaspberryPi でAndroid Thingsの始め方” の続きを読む

(準備編)プログラミングを始めるならRaspberryPiがいい④

前回までは、起動用SDカードの作成まででした。今回はRaspberry Piの設定を行いたいと思います。
初期設定と言っても2つ、1つ目がキーボードや時刻(タイムゾーン)を設定する作業と2つ目が日本語を使えるようにする設定です。1つ目はRaspberryPiの設定画面から行います。2つ目は、RaspberyPiのOSには日本語の文字や入力が出来ないため日本語ツールをインストールします。どちらの作業も15分もあれば終わる作業ですので、あきらめずに頑張りましょう!!

“(準備編)プログラミングを始めるならRaspberryPiがいい④” の続きを読む

(準備編)プログラミングを始めるならRaspberryPiがいい③

「プログラミングを始めるにはRaspberryPiがいい」の1回目はRapberryPiを始めるために必要なものについて書きましたが、2回目はWindowsでRaspberry Piを起動させるためのOSのインストール方法でした。3回目の今回はmacでRaspberryPiを起動させるためのOSのインストール方法について書きます。

“(準備編)プログラミングを始めるならRaspberryPiがいい③” の続きを読む

(準備編)プログラミングを始めるならRaspberryPiがいい①

RaspberryPiを使って初心者向けプログラミングの記事を掲載して行きます。

①RaspberryPiとは
Raspberry Piの初期設定(windows)
Raspberry Piの初期設定(mac)
Raspberry Piの初期設定・日本語設定
⑤Scratchでプログラミング入門
⑥Pythonで簡単プログラミング
⑦プログラミングLEDを光らせてみよう

パソコンでプログラミングを始めるとなると、色々と開発環境と呼ばれるソフトをインストールしたりする必要があり、初めてプログラミングを始めるには、はっきり言って敷居が高いです。最近はブラウザでプログラミングが出来たりしますが、色々と制限があったりするため、プログラミングを初めようと思っても、なかなか始めることが出来ない方も多いのではないでしょうか?そのような方にRaspberryPiをお勧めします。

“(準備編)プログラミングを始めるならRaspberryPiがいい①” の続きを読む