RaspberryPi でAndroid Thingsの始め方

GoogleからIoTプラフォーム向けのOS「Android Things」が2016年12月にディベロッパー向けに発表されました。現在はディベロッパーエディションという位置付けなので、いわゆるお試し版というところでしょうか。
Googleが以前に発表したBrilloを中心にして、Android Studio、Android SDK、Google Playのサービス、Googleクラウドなどが統合された形になっています。
ちなみにAndroid Thingsがサポートされているのは現在は、3つのハードウエアとなっています。これら3つのハードウエアについてはOSのアップデートとセキュリティー・パッチの配布に必要なインフラも近く整備される予定となっているようです。

・Intel Edison
・NXP Pico
・Raspberry Pi 3

RaspberryPiにインストールしてAndroid Thingsが起動するまでの流れまでです。

1.準備

1−1.ハードウエア


Raspberry Pi3
microSDカード
RaspberryPiの電源用USBケーブル
HDMIケーブル
Lanケーブル(※1)
パソコン(※2)

 

 

 

※1 初回起動時は有線Lanを使用しますが、無線Lan設定が終われば不要です)

※2 今回はMacを使った手順になっていますが、LinuxやWindowsでも可能です

1−2.ソフトウエア

Android Studio (最新版)

ダウンロードは以下のサイトからダウンロードしてください。

https://developer.android.com/studio/index.html

 

 

2.SDカードの作成

2−1.イメージダウンロード

Android Thingsをhttps://developer.android.com/things/index.htmlからZipファイルをダウンロードします。(290MB程度)

ダウンロードしたZipファイルを解凍するとイメージファイルがあります。このイメージファイルをSDカードに書き込みます。

◎ダウンロードまでの流れ◎

2−2.イメージの書き込み

SDカードをパソコンにセットします。

SDカードのマウントを確認します。

dislutil -list

SDカードをアンマウントします。次のコマンドを入力します。

diskutil unmountDisk /dev/disk{disk# from diskutil}

イメージファイルを書き込みます。

sudo dd bs=1m if=iot_rpi3.img of=/dev/rdisk{disk# from diskutil}

SDカードを取り出します。

3.Raspberry Piの起動

 

①RaspberryPiにSDカードをセットします。

②HDMIケーブルをモニターに接続します。

③電源用のmicroUSBケーブルを挿し、RapberryPiを起動します。

④モニターにIPアドレスが表示されていることを確認します。

4.ADBツールで確認

ANDROID SDKに付属しているADBツールを起動します。ツールSDKをインストールしたフォルダに「platform-tools」がありますので、そちらをターミナルで開き、次のコマンドを入力します。「connected to XXX.XXX.XXX.XXX:5555」(XXX.XXX.XXX.XXXは、モニターに表示されているIPアドレスです。)

$ adb connect {ip-address}
connected to {ip-address}:5555

これで設定は完了ですが、Wifi環境で使用するためには、以下の設定をするとRapsberryPiをWifiで使えるようになります。

adb shell am startservice \
    -n com.google.wifisetup/.WifiSetupService \
    -a WifiSetupService.Connect \
    -e ssid {Network_SSID} \
    -e passphrase {Network_Passcode}

Network_SSID:WifiのSSID
Network_Passcode:Wifiのパスワード

 

これで設定は終了です。サンプルプログラムを動かす所については別の記事に書きたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です